28年間にわたる竹材産業での成長を経て、dasso®は最先端の技術、技術(特許所有者)と自動化製造設備を持っています;私達は最も優秀な人材を集め、最も完璧な生産と品質管理システムを開発することで、良質の竹材製品を提供し、最も強力な竹材製品の総合ソリューションプロバイダとなっています。


 dassoは、dassoFLOORING、dassoELEMENTS、dassoXTR®、dassoCTECH®を製品ラインナップとして提供しています;私たちはまた特定のプロジェクトに統合ソリューションとカスタマイズした竹材製品を提供します。


The Revolution of Bamboo Industry
  • 第一世代

    伝統

  • 第二世代

    ストランド織り竹

  • 第三世代

    Ecosolid

  • 第四世代

    dassoXTR®-高耐シリーズ

  • 第五世代

    dassoCTECH®-(磁態シリーズ)

dasso®は1993年に初めての竹製フロア材を生産して東南アジアに輸出し、本格的に工業化を果たしました。当初の処理では、竹の棒を水平に並べて一定の厚さまで積み重ねることで、東洋的な雰囲気を与えます;竹の棒を縦に並べて厚みを作ると、竹の棒は現代的な外観を呈します。基本色、自然色、炭化色の3種類があります。

第一世代の竹材は床、パネル、台、家具の生産に使用しました。

2000年頃、dasso®は第二世代の竹材製品-ストランド織り竹を開発しました。竹繊維材はクラッシャーローラーで分割し、極めて高い圧力で樹脂と一緒に織り込みます。

ストランド織り竹の密度は1100 kg/立方メートルを超え、従来の竹の2倍です。竹を編みこんだ竹材はエキゾチックで豊かな外観があり、「織り」技術によって、「従来」の竹材様式に見られる材料の欠点は完全に解消されています。

ストランド織り竹は床、パネル、横梁、家具に使用できます。

2009年には、dasso®は第三世代竹材であるECOSOLIDを開発しました。4−6年分の竹の棒を収穫し、必要な長さに切り、蒸して穴を開け、広げて平らな表面を形成します。そのため次のような特徴があります。 

表面一体化した竹材

ユニークな竹クロスナックル

切断面にグルーラインがない

100%天然竹

ECOSOLIDはフローリング、まな板、工芸品に使用できます。

第4世代では、dasso®の特許「熱処理」プロセスを使用しています。竹からすべての栄養素(砂糖と澱粉を含む)を抽出し、フェノール樹脂に浸漬し、2:1の割合で圧縮して、融合させた竹を作ります。融合させた竹には栄養分が含まれていないため、細菌、真菌、カビ、昆虫を寄せ付けず、外部環境による繊維の腐食がありません。

dassoXTR®はデッキ、壁面クラッディング、梁下、ポーチ床、木材とパネルを生産することができます。

2017年、dasso®は中性竹材であるdassoCTECH®を開発しました。繊維をCeramiX®粒子で結晶化し、フェノール樹脂に浸漬し、2:1で圧縮し、外側を溶融させた竹材を形成します。融合竹はCeramiX®ナノ粒子が完全に浸透しており、栄養成分が含まれていないため、細菌、真菌、カビ、昆虫を寄せ付けず、外部環境にさらされても繊維が腐りません。

dassoCTECH®はデッキ、壁面クラッディング、アーチ腹、ポーチ床、木材とパネルの生産に使用できます。

Online Message
0/300