会社沿革
DASSOの沿革
  • 浙江道成竹業有限公司を設立しました。

    福建大荘竹業科技有限公司を設立しました。

    ドイツでHANOVER DOMOTEX 2019に出展しました。

    ラスベガスでIBS 2019に出展しました。


    2019
  • 2018

    江西竺尚竹業有限公司が本格的に生産を開始しました。生産能力は100万平方メートル以上です。

    dassoXTR(高耐久性竹材シリーズ)がオーストラリアの防火テストに合格しました。BAL 29に合格し、オーストラリア市場に進出しました。

    ➤中国国内ディーラー大会を開催しました。

    ECOBUILD 2019展示会に参加しました。

    ➤オーランドでIBS 2018に出展しました。


  • オーランドでIBS 2017に出展しました。

    オークランドで2017年建築展に出展しました。

    アメリカとフィリピンから国際ディーラーが工場を見学し、生産研修を行いました。

    浙江量子大学と協力し、40人以上の管理職に対して2年間の総合管理訓練「リーダーシップ研修」を行いました。


    2017
  • 2016

    ➤工場浙江新海業竹業科技有限公司を設立しました。dassoXTR(高耐久性竹材シリーズ)の生産能力は60万平方メートルです。

    5大国際建築展覧会に出展しました。

    IBSに出展しました。


  • 国家技術発明二等賞を受賞しました。

    IKEAアライアンスと提携し、IKEA創業者のIngvar Kamprad氏がdassoを訪問しました。


    2015
  • 2014

    dasso2014年の国連ペルー気候大会に招待されました。

    dassoが世界初の竹建築業界フォーラムのホストを務めました。竹林生活ピークフォーラム、600人以上の建築家、デザイナーと竹材業界の専門家が無錫大劇場に集まりました。

    dasso創業者の林海が、中国林製品工業協会から生涯栄誉賞を受賞しました。


  • dassoIKEAと正式にアライアンス協定を締結し、IKEAグローバル竹研究開発センターを設立しました。


    2013
  • 2012

    DOMOTEXアジアに出展しました。

    dassoが開発した竹防火ボードと竹アコースティックパネルの大規模応用による山東大劇場プロジェクトが完成しました。


  • 屋外ストランド織り竹国家標準草案起草。

    世界Ecosolid新製品発売。

    Alxa年次総会。

    不動産開発業者「Greentown」「Langshi屋内外フロア戦略提携協定締結しました

    竹アコースティック材料を開発し、無錫大劇場に応用することに成功しました。これは初めて竹が木材を完全に代替した応用による劇場です。


    2011
  • 2010

    Alxa年次総会

    ➤中国で最大の不動産開発業者のVankeとグリーン戦略パートナーシップを締結しました。


  • dassoは中国Famous Trademarkを獲得しました。

    dassoは中米経済ピークフォーラムに参加しました。

    Ecoolidは工業化を始めました。


    2009
  • 2008

     

    ➤南京林業大学と竹床の研究と開発を行いました。

    ➤汶川地震に寄付しました。


  • 上海DOMOTEX 2007に参加しました。


    2007
  • 2006

    ➤ケンブリッジ大学と協力して風力タービンブレード素材を開発し、2009年に河北張北で竹材風力タービンブレード100セットを投入しました。

  • 竹類防火材料の開発に成功し、ヨーロッパ最高防火レベルM 1火災検出に合格しました---スペインマドリード国際空港の23万平方メートルにおよぶ竹製防火天井は、世界最大の竹材応用プロジェクトです。

    2005
  • 2004

    dassoは竹の原料基地を設立しました(南方森林農場、2700ヘクタールの竹林)。


  • 竹をスライスしたベニヤ合弁会社を設立しました。


    2003
  • 2002

    dassoは中国林業科学院と南京林業大学などの専門機関と協力して防火竹の材料を開発しました。

    ➤オランダのイタリア王室、イギリス航空の上海支社、深セン家具学院のプロジェクトを完成しました。


  • dassoは竹の装飾材料や竹の家具パネルなど新製品を開発しました。

    この二階の加熱竹の床は中国と米国の特許を取得しました。


    2001
  • 2000




    ➤例えばフィリップス本社ビル、ドイツベンツ会社ビルとドイツナイキ会社ビルなどのプロジェクトを完成させました。


  • 大荘が浙江省竹床基準の制定に参加しました。

    大荘生産管理はISO 9001管理システムに組み入れられ、ISO 9001の品質管理基準を厳格に執行し、従来の原始的生産管理から近代化管理への転換を実現し、大荘は持続可能な発展の原材料供給体系を確立しました。

    日本東武百貨店、浙江省中信銀行ビルなどのプロジェクトを完成しました。


    1999
  • 1998



    ➤大荘は浙江省石油ビルプロジェクト、上海富宏別荘プロジェクト、上海甲天下別荘プロジェクトを完成しました。

    ➤大荘地熱フロアの研究開発に成功し、韓国、日本などに販売を開始しました。


  • 竹の供給チェーン管理を設立しました。


    1997
  • 1995

    ➤初めて省レベルの竹床基準を起草しました。



  • 大庄は国内で最初に生産された漆フリーフローリング、竹材フロア企業となりました。同時に製品の日本、台湾などの国と地域への輸出を開始しました。


    1994
  • 1993

    1993年に創業し、竹資源の産業化利用への取り組みを始めました。


Online Message
0/300